HOME

髪に良いシャンプーは

髪に良いシャンプーを探してみると、軒並みノンシリコンシャンプーに当たります。そうなると、ノンシリコンであれば、髪や頭皮にいい影響を与えてくれるのだと思い込んでしまうでしょう。ある意味で間違いではありません。しかし、すべてをうのみにするのは、まだ早いということを知るべきなのです。
シャンプーの構成物質を考えてみましょう。そのほとんどは水分であり、界面活性剤であることがわかるはずです。ですが、この界面活性剤がいったい何なのか、そこから始めなくてはいけません。
界面活性剤は、洗浄成分の一つだと思えば間違いありません。洗浄力が強いものと弱いものが存在します。問題は、強いものを超えた強力な界面活性剤は、髪にいいどころか頭皮にも悪影響を与えてしまいます。肌質によっては、何も問題がないという人もいますが、髪や肌を守りたいのであれば、肌荒れを起こすような強いものを避けるべきなのです。
中でも要注意の界面活性剤が、アルコール系界面活性剤です。非常に強力な洗浄成分であり、すっきりはしますが、頭皮の皮脂を必要以上にもっていってしまいます。ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naと呼ばれる物質がこれに当たるのですが、天然成分であるヤシ油に含まれているラウリン酸に硫酸を使って生成するのです。
こういった成分を知るだけでも、髪に良いシャンプーを見つけ出すことができるようになります。色々な角度から情報を載せてありますので、参考にしていただければ幸いです。

[PICK UP]
ノンシリコンかつアミノ酸系シャンプーの通販サイトです ⇒ シャンプー 通販

Copyright © 2014 髪に良いシャンプーとは All Rights Reserved.